KOTOBAYA 雑記帳

| CALENDAR | RECOMMEND | ENTRY | COMMENT | TRACKBACK | CATEGORY | ARCHIVE | LINK | PROFILE | OTHERS |
オイコノミアで保険のことやってた 13:04
0




    オイコノミアでね、保険のことをやってたよ。大数の法則の実験がおもしろかった。それから、保険は高額なお買い物と聞いてちょっと救われたよ。極貧だったころ、保険を解約して生活費に回しちゃったから。今入ってるのは掛け捨てのすんごく安いやつだけだもの。


    リスクの高い人ほど保険に入りたがるって話だけど、これって貧乏人ほど宝くじを買いたがる傾向があることと似ているなって思った。不安に備えるか、わずかな希望に懸けるか、違いはあるけどね。いつだったか、ご夫婦でひっそりと亡くなられた方のお部屋に、宝くじの外れ券が一枚残されていたという記事を読んで涙がこぼれた。それに懸けるしかなかったんだね。


    一般人はリスクに備えることで、貧乏人はわずかな希望にすがることで、それぞれこころの平安を手にしているってことなんだろうな。だから、いくら確率論で説明されても、それでもやっぱりカモになっちゃうんだろうし、好きにさせてあげるしかないような気もするんですけど、どうなんですかね、阪大の大竹センセ。2回目も楽しみにしてますよん。ちなみに私は相変わらず貧乏だが、一発逆転はかなり懐疑的だ(笑)。


    それにしても、確率って学校に行ってたころはキライだったけど、かなり生活に直結していておもしろい!! 収入とか、性格とか、社会情勢とか、いろんなことがあっての人間の行動のはずなのに、それすらも「大きな数」によって結局ならされてしまうんだね。自分もそのうちのちっちゃい一人なんだな。

    | 世の中のこととか | comments(0) | trackbacks(0) | posted by m-minako - -
    Comment








    Trackback
    この記事のトラックバックURL: http://note.b-kotobaya.com/trackback/1233149
    << NEW | TOP | OLD>>