KOTOBAYA 雑記帳

| CALENDAR | RECOMMEND | ENTRY | COMMENT | TRACKBACK | CATEGORY | ARCHIVE | LINK | PROFILE | OTHERS |
昔がよかったなんて気のせいさ 07:47
0




    ユーミンと同じくらい大好きだった谷山浩子ちゃん。ああ、この声、この声だよ。いやされる〜。きゃっほー! タイムスリップして若返っちゃいそうな懐かしさだ。それにしても、この編集をしてくださった方、なんて素敵な画像なの!!!


    この歌も好きだけど、「おはようございますの帽子屋さん」も好きだし「すずかけ通り三丁目」もいいよね〜。



    そうそう。「すずかけ通り三丁目」の作詞は、なんと「あまんきみこ」さんだったんですって! 知らなかったよ。そうしたら、タクシーの運転手さんはきっと「白いぼうし」の「松井さん」だね。ああ、なんてこと! 「白いぼうし」はまだ教科書に載っているのかな?


    「お客さん、どちらまで?」
    「すずかけ通り三丁目まで行ってください」
    「すずかけ通り? すずかけ通り・・・・・」
    「三丁目です」
    「なにか目印の建物が近くにありますか?」
    「白菊会館の近くです」
    「白菊会館ですか。あの近くならよく知ってますけど、そういう通りはないですよ」
    「いいえ、あるんです。早く車を出してください」


    すずかけ通り三丁目に大事なものを置いてきたんだね。でも、すずかけ通り三丁目にあるのはきっと猫の森だよ。昔は確かにあったけど、いまはもうどこにもない思い出という霧でできた町なんだ。訪ねてみて町がなくなってることを確かめるのもいいし、思い出の中に飾っておくのもいい。足の向くまま、気の向くままにすればいいさ。

    | 音楽のこととか | comments(0) | trackbacks(0) | posted by m-minako - -
    Comment








    Trackback
    この記事のトラックバックURL: http://note.b-kotobaya.com/trackback/1233197
    << NEW | TOP | OLD>>