KOTOBAYA 雑記帳

| CALENDAR | RECOMMEND | ENTRY | COMMENT | TRACKBACK | CATEGORY | ARCHIVE | LINK | PROFILE | OTHERS |
実写版をあなどってごめんなさい 00:03
0

     

     

     

    5月の連休中に唯一お出かけしたのは、「名探偵ピカチュウ」を見に行くためでした。なんと公開初日(5月3日)に行ってきましたよん。あとはずっとおうちでお仕事でしたが、仕事しか楽しみがないからむしろ幸せでしたけどね。 実写版と聞いて、どうせ期待はずれになるんだろうなと思っているあなた、そう、私も同じように思っていたんです。でも、試写を見た方の口コミが意外と高評価だったので、ひょいと行ってきました。

     

    初日とあって席はほぼいっぱいでした。見に来ていたのは、小さなお子さんは少なくて、「働き始めたサトシみたいな男の子(主役)」と同年代のお兄ちゃんが多かったですね。結論からいうと「とってもよかった!!」 なんといっても帽子をかぶったピカチュウのいろんな表情が抱きしめたいくらいかわいいし、カラカラも、ガーディも、ブルーも、みんなみんなリアルにキュートで、逆に、実写でしか味わえないぬくもりのある映画でした。のっけから草原のカラカラにやられちゃいましたね。「ポケモンGoが本当になったような」というのがいちばん近い表現かな。迷っている人は見る価値はありますよ。

     

    いよいよ今年の夏は「ミュウツーの逆襲 EVOLUTION」が公開されますね。「ミュウツーの逆襲」が1998公開だから、あれから二十年余。原点にして最高峰と絶賛されたあの映画がどういう形で還ってくるのか今から楽しみです。

     

    「ひとつめの太鼓 トクンと鳴って」って、あの小林幸子さんの歌声は忘れられません。まだ二本立てが普通で、私は「ピカチュウの夏休み」で流れた「♪もう一度子供に戻ってみたい(ポケットにファンタジー)」を聴いてこらえきれなくなったのを思い出します。あれ聴いて泣けない人はまだ子供ってことですね。うらやましいです。私は「昔の子ども」ですが、ポケットの中にはまだファンタジーが入っているはず(ほんとか? スマホしか入ってないんじゃ?)。今思えばあのころは私もまだ十分若かったわけですが、この夏、さらに大人になってしまった自分を確認するのは恐怖でもありますけれどもね。

    | - | comments(0) | trackbacks(0) | posted by m-minako - -
    Comment








    Trackback
    この記事のトラックバックURL: http://note.b-kotobaya.com/trackback/1233251
    << NEW | TOP | OLD>>