KOTOBAYA 雑記帳

| CALENDAR | RECOMMEND | ENTRY | COMMENT | TRACKBACK | CATEGORY | ARCHIVE | LINK | PROFILE | OTHERS |
任天堂さんの修理技術者のみなさん、ありがとうございます! 16:03
0

     

     

    yahooニュースの記事にこんなのがあってめっちゃ衝撃を受けました。

     

    「子供の友達の分も含めてしつけでニンテンドースイッチ3台破壊」ブログが炎上。遊びすぎを制限するには?
    https://news.yahoo.co.jp/byline/shinoharashuji/20191216-00155074/

     

     

    あららー、やっちゃいましたね。お子さんの失意ぶりが目に浮かんで涙が出そうです。よそのお宅のことなので軽はずみなことは言えませんが、私がこの子だったら、親御さんのこと、嫌いにはなれないとしても、この先、何か重大なことがあってもきっと打ち明けないと思う。理解してもらえないことを学習してしまったから。自分は自分の親のしたことだから諦めるしかないにしても、友達に対する申し訳なさが半端ないだろうな。ゲームの中身っていうのはいわば作品で、たとえるなら、大切に育てたバラを引き抜かれて、おわびに種を持ってこられたぐらいの勢いですからね。

     

    ずいぶん前だけど、私が「どうぶつの森」をやっている途中で3DSの調子が悪くなったことがあります。いい感じに家具がそろって、住民もベストメンバーというくらいで、いよいよ仕上げというときだったからかなり焦りました。それで、結局は任天堂さんに修理をお願いしたんです。最悪、データが消えることを覚悟して。ところが、戻ってきた3DSは元気にさくさく動くし、データもそのまま残っていて、タッチペンまで新しくしていただいて、あのときのうれしさといったらありませんでした。

     

    その後、任天堂さんにはお礼状を書きました。なんだろう、お礼を言わずにはいられないというような、そういう気持ちでした。お医者さまに難病を治していただいたようなものでしょうか。あのときの感激は今でも忘れられません。改めてお礼を言いたいです。「どうもありがとうございました!!!」

     

    経験的に言うならば、子どもはゲームをしてもしなくても、同じくらい勉強するし、同じくらい勉強しませんよ。好きなことがあるっていうことは、少なくても生きることに絶望していないっていうことだから、悩んで落ち込んで無気力になっているより百倍いいぐらいに考えたほうがいいのかもしれないですね。まあね、そういう境地になるのもなかなか難しいですけどね。

     

    余談ですが、私がしぶしぶPTAの役員かなんかをやっていたときに、子どもをネットからどう守るかみたいな講演会があって、そのとき講師の先生が「ゲームをやると情報処理能力が高まります」とかいうことをちらっとおっしゃったんですね。そうしたら、教育上悪いから子どもには一切ゲーム機は買い与えてないという「意識高い系」の保護者さまが、「先生、どういうゲームがいいんですか?!」とか質問していらしたのにはちょっと笑ってしまいました。(甚だ不謹慎なことですみません)

     

     

    | - | comments(0) | - | posted by m-minako - -
    Comment








    << NEW | TOP | OLD>>