KOTOBAYA 雑記帳

| CALENDAR | RECOMMEND | ENTRY | COMMENT | TRACKBACK | CATEGORY | ARCHIVE | LINK | PROFILE | OTHERS |
楽しみでしょうがな〜い 03:28
0



    今から鳥人間コンテスト(2013)が楽しみで仕方ない。動画にもある一昨年の中村くんはすっかり伝説のヒーローになったよね。今見返してみても熱いものがこみ上げてくる。感動ってこういうことなんだね。

     

    工学なんてからっきし縁がないんだけど、どうしても応援したい大学が2つある。それは、ディスタンス部門の去年の覇者である東北大のウィンドノーツと、そのウィンドノーツとここのところ交代で優勝している東工大のマイスターだ。 今年はどんな展開が待っているのかな。注目されているとプレッシャーもあるだろうけど、それをぜひパワーにかえてほしい。


    この前、東北大学に行ってきたんだけど、案内してくれた学生さんがやたらとみんなフレンドリーだった。鳥人間のことを話題にしたらいろいろ教えてくれたよ。キャンパス内にさわやかな風が吹いているというか、いい人いっぱいいそうな大学だね。山の上ってのがちょっと大変だと思ってたけど、地下鉄のすごい工事やってた。構想だけじゃなくて本気だったんだ。あと少しみたいだね。ひえー、八木山動物園に電車で行く時代が来るんだねえ。

    一方の東工大だけど、これがまた憎めないというか、愛すべき大学なんだよね。チェック柄ばっかり着てるとか、オタクしかいないとか、モテなさ加減がはんぱないとか、何でもすべてネタにされてしまってかわいそう。大学に入るのが難しいのに、その難易度ほどには知名度がないって落差に、気の毒すぎて、これはもう応援するしかないっしょ! 田舎だと、東工大を知ってるかどうかでその人の教養度(?)みたいなのがちょっとわかったりもするんだよね。首都圏の人には信じられないだろうけど、ほんとの話です。


    勝負にはいつも運とか不運がついてまわるけど、お天気だけは穏やかな日になりますように。どうか事故なく、無事にみんな力を尽くすことができますように。

     

    | 日常の出来事とか | comments(0) | trackbacks(0) | posted by m-minako - -
    ガリガリ君「コンポタ味」の値段が大変なことに! 04:35
    0




      好評すぎて即刻発売中止となったガリガリ君「コンポタ味」、オークションではもはや驚愕の価格をつけている。確かに食べてみたいもんね。うちの付近の店ではコンポタ味は全然みかけなかったから、梨味で我慢したよ。それにしても、1本いくらまで上がっちゃうんだろう。


      ガリガリ君をつくっているのは、アイスしかつくらない主義を貫いている赤城乳業、開発秘話のニュースには、「弊社は『あそびましょ』を企業スローガンに、30年ほど前から『ラーメンアイス』『イクラ丼アイス』など、楽しいアイスを発売してきました。しかし、最近はガリガリ君もメジャーになり、お客さまから『最近は手堅いですね』『冒険してないよね』などの意見もいただくようになったので『チャレンジ精神を取り戻そう!』と、この味を開発したんです」とある。好きだね、このノリ!!


      消費者の反応もたまらない。アイスキャンディなのに、さっそく温めてスープにしたり、パンを浸したりしてお料理する人が続出。こんな様子を見ていたら、何としてでも一度手にしてみたいと思う人の気持ちもわかるよ。


      それと、うちの近所にはファミマがない。セブンイレブンとローソンばっかりで、一番近くても駅の裏側まで行かなきゃなんだ。それでコラボ企画の「はちゅねミク肉まん(ネギ塩味)」を買いそびれちゃった。この前、やっと行ってみたときには、はちゅねミクの「は」の字もなかったよ。お味はともかく、一度手にして盛り上がってみたかったな。


      いい年してブームにちょびっと乗っかってみたいと思ってしまう自分もどうかと思うけど、試してみたいって気持ち(反応係数)の高低は人によってかなり違う。だから、そんなのくだらないとスルーする人がいていいし、どうせなら楽しんじゃえという人がいてもいい。いちばんつまらないのは、そういうあそびごころにケチつけちゃうことだよね。そういう大人(ご老人?)には、「月にかわっておしおきよ!」


      | 日常の出来事とか | comments(0) | trackbacks(0) | posted by m-minako - -
      私は医療機関が苦手なんです 11:28
      0




        背に腹はかえられぬ事態となり、6年ぶりぐらいに医療機関で診てもらうはめになった。日ごろの不摂生を他人に尻ぬぐいしてもらわなければならない情けなさったらない。


        一生医療機関にはお世話にならずに一人で死んでいくのが夢なのに、調子が悪いと何も手につかなくなり、生活の質も落ちまくって、結局こうして「初診です」とかいって保険証の提出とあいなる。


        医療機関のスタッフの方のやけにてきぱきとした隙のなさや職業的なやさしさが私は苦手だ。なんというのか、自分のだめさ加減が際立って見える気がするからだ。あの人たちは正しくて、私は間違っている、そんな雰囲気に追い込まれる。


        究極の個人情報を提供し、おずおずと診察室の椅子に座るときの自分のふがいなさといったらない。やっぱりだめだ。私は医療機関が苦手です。どうか、もう病気になりませんように。 

        | 日常の出来事とか | comments(0) | trackbacks(0) | posted by m-minako - -
        名言!! 「親しき仲にも演技あり」 02:56
        0




          娘が学校の先生に教わって(?)きた言葉、「親しき仲にも演技あり」。うーん、深い。いいこと言うね、先生。先生も家庭生活でいろいろ苦労(いや、工夫)していらっしゃるのかなってほほ笑ましくなっちゃった。


          夕飯がそこそこおいしかったら、「おお、すっごくうまい!」
          お部屋がちょっと片づいていたら、「なんか部屋、きれいじゃん!」
          奥さんの髪形がちょっと変わったら、「おっ、かわいくなったね〜」


          そんなこんなで、演技するって大切だよね。


          子育ても同じかな。親戚づきあいや友達関係だってそうだよね。自分がどう感じたかっていうよりも、相手がどう言ってほしいかって立場をかえて考えてリアクションすること、それが演技ってことなんだと思う。いやあ、コレ、名言だと思いますよ。


          そうは思っても、自分だってこういうことしてあげてるんだからお互いさま、そっちこそ先に私の苦労に感謝すべきって変に意地を張ってしまうのが人の常。そこは大人になってサービス精神を発揮したら、もっと豊かな毎日が手に入るのかもね。

          | 日常の出来事とか | comments(0) | trackbacks(0) | posted by m-minako - -
          得体のしれない「こびとづかん」 12:53
          0


            十六茶を買ったら、なにやらヘンなおまけが付いてきたぞ。子どもに見せたら、「あっ、こびとづかんだ! 学校に持ってってみんなに見せよ〜」とかなりの喜びよう。へっ、こびとづかん?


            調べてみたら、「こびとづかん」は、なばたとしたかさんの絵本が出どころらしい。この年でわざわざ絵本は買って読む気になれないけれど、インパクトは絶大だ。見れば見るほど、なんというか、得体のしれない魅力にあふれているではないか。


            既に、5、6、7の3つをゲット。さあて、この次はどれを狙おうか。こうなったらコンプリートするしかない。ところが、ここのところコンビニの店頭から十六茶が消えるという怪現象が起きているらしいのだ。まずい、急がねば=3

            こうやって「こびとづかん」は、かわりばえのしない日常にちょっとしたお楽しみをもたらしてくれたのでした。

            | 日常の出来事とか | comments(0) | trackbacks(0) | posted by m-minako - -
            アナロ熊健在! 02:39
            0



              うちではね、まだアナロ熊を飼ってるよ〜! すごいでしょう? 震災を考慮して地デジ完全移行が来年3月まで延長されたんだ。しかし、いよいよ余命3カ月となってしまった。


              厚ぼったいブラウン管テレビを見ていると、時折ねぼけ声の地デジカが登場して、「地デジ化、まだの人いませんかあ?」と言いながらこっちを見てる。「あなたのまわりのお年寄りに声をかけてあげてくださあい」だって。うちは高齢者世帯かっっっ (T_T)


              しかし、期限は迫っている、何とかしなければ。テレビ壊れてないのにもったいないなあ。夕飯のおかずをケチったって、これでチャラになっちゃうよ。でも、チューナーだけっていうのも貧相だしね。何よりアンテナのセッティングとかしてもらうのめんどくさ〜。部屋の片づけを含めると丸一日つぶれそうだ。


              地デジカよ、熊を追い出して自分が居座ろうっていうときに、そんな上から目線でいいのか?  アナロ熊を見ろ。文句も言わずに静かに姿を消そうとしているんだぞ。アナロ熊はみんなが率先してぜひとも飼いたいと望んだ熊なんだ。そしてヤツは明るい未来を一緒に運んできてくれた。それをやすやすと手放させるおまえってやつは……orz

              | 日常の出来事とか | comments(0) | trackbacks(0) | posted by m-minako - -
              OH! MY GOD! 21:29
              0



                下の娘がカナダのホームステイに出かける前日、私あてに英文のはがきが届いた。なんと、娘のホストマザーさんからではないか! 心配しないでね、ちゃんと預かりますからとのこと。あらら、ご丁寧にありがとうございます。そこで、メールでお返事を書くことにした。久しぶりの英作文、これで大丈夫だろうか。いや、大丈夫なはず。渾身の英作文だっ!


                すると、翌日またまたメールでお返事が届いた。無事に娘が着いたとのこと。四苦八苦しながら書いた英文がちゃんと通じたようで一安心。しかーし、英語が堪能だと勘違いされてしまったらしく、書いてある内容がかなりレベルアップしているぞ! それに長っ!! 


                これからまたお返事を書かなくちゃ。やれやれ。渾身の英作文も大変だわ。やっぱ英語力って大事だね。それでも、リアルに外国の方と交流できて、ちょっとだけ国際人になったみたいないい気分☆ 調べられるから手紙やメールはいいけど、会話となるとからっきしだめだろうな。英語ぺらぺらになりたいよ。


                その後……

                私がメールを送ると、即刻返事が届く日々が続くのだった。奥様は本を出版されたばかり、娘さんは大学で研究職に就いていらっしゃるというインテリ家族みたいで、こっちは大汗ものだよ。その上、Your English is very good! なんて言ってもらったものだから、妙に張り切ってる自分が笑える。英語を勉強するのは娘だけかと思ったら、まさかまさかの展開だ。Oh, my God!   

                 

                | 日常の出来事とか | comments(0) | trackbacks(0) | posted by m-minako - -
                コンビニのバイト君 12:11
                0



                  行きつけの(笑)コンビニに、お気に入りのバイト君がいる。年のころは二十歳前後だろうか。


                  彼と出会ったのはかれこれ2年前ぐらいだ。そのときの彼の仕事ぶりといったら、何とも悲惨だった。「温めますか?」「おはしは何膳入れましょうか?」の簡単なやりとりもしどろもどろ、手際が悪くてお客さんから怒鳴らて、余計にうろたえて頭が真っ白になっているのがはたから見ていてもよくわかった。(がんばれ、バイト君!)


                  見るからに気が弱そうで、体つきもきゃしゃな子だ。それだけに余計に悲壮感が漂ってしまう。かわいそうに。慣れないんだから仕方ないよね。でも、この子、そのうちきっと辞めちゃうんだろうな、なんて内心思っていたんだ。ところが、夕方の時間帯にコンビニに立ち寄ると、いつも彼がいたんだ。根性あるよ。見ていると、前よりずっと手際がいい。それに、何を言われても低姿勢で対応しているところが好感が持てる。(すごいぞ、バイト君!)


                  途中、3カ月ほど彼の姿を見かけなくなって、やっぱり辞めちゃったのかな、なんて考えていたら、ある日、いたんだ、あのバイト君が。赤の他人なのにうれしかったよ。あれから2年、彼は今日もあのコンビニで働いている。何と今では新人さんの面倒をみるくらいに「成長」しているではないか。(偉いぞ、バイト君!)


                  どこのどなたかわかりませんが、バイト君のお母さん、息子さんは大丈夫ですよ。とっても立派です。心配しないでくださいね。素直ないいお子さんに育てられましたね。

                  | 日常の出来事とか | comments(0) | trackbacks(0) | posted by m-minako - -
                  孤独力をつけたい 11:22
                  0


                    今、猛烈にかまってちゃん状態だ。あの人にメールしようか、この人に電話しようか……。
                    でも、こういうときって、かなり「めんどくさい女」状態になっているので、大抵ウザがられるのがオチなんだよね。それでもって期待したリアクションが得られずに一人で落ち込むという展開が待っている。このあたりは十分に学習済みだ。

                    メールも電話もやめやめ! さびしいなんて気のせいだ。もっと孤独力をつけろ。一人でないとできないことはたくさんあるぞ。
                    | 日常の出来事とか | comments(0) | trackbacks(0) | posted by m-minako - -
                    がんばれ、ボブ! 01:21
                    0




                      ここのところずっと、車の中で英単語のCDを聴いているんだけど、これが結構おもしろい。一見するとただの例文の羅列のようだけど、一冊を終えてみると全体が一つのストーリーになっていることがわかる。それに、トムとかニックとか、主語として登場するそれぞれの名前に明確なキャラクターが割り振られているんだ。


                      ここまで書いて、やっている人はもう気がついたよね。そうそう、DUOのシリーズだよ。


                      その中で、最も気になるのがボブの存在だ。ボブが主語になると、必ずといっていいほど、気の毒だったり、情けなかったりする英文になっている。だから、何度も聴いているうちに「がんばれ、ボブ!」と応援したくなっちゃうんだ。


                      この参考書の作者さんは、ボブに何か恨みでもあるんだろうか。いやいや、これは恨みじゃなくて親近感の表れに違いない。もしかして、この企画のチームリーダーさんがボブだったりする?


                      このCD、もとはといえば娘のものだ。去年、ひょこっと受けてあっさり英検2級を取った娘に負けじと奮闘してみるけれど、私もボブと同じでいまひとつ冴えない。だけど、ボブがいてくれるから何とか続けられそうな気がするよ。お互いめげずにがんばろうぜ、ボブ。

                      | 日常の出来事とか | comments(0) | trackbacks(0) | posted by m-minako - -
                      << | 2/4 | >>